こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会についての企画について掲載します。

2007年10月アーカイブ

○日時: 2007年10月6日(土)
        12:00開場/12:30開演(18:30終演予定)

○会場:  かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール
       京成線・青砥駅下車徒歩5分

○入場料: 無料

○プログラム:(敬称略)
第1部 12:30~
1 ベルク/ワルツ、メヌエット 松林伸生
2 シャミナード/6つの無言歌 Op.76 より 第2曲 「高揚」
ラフマニノフ/楽興の時 Op.16 より 第6番
河野民愛
3 シューマン/クライスレリアーナ op.16 より
      第4曲、5曲、6曲、7曲、8曲
吉川恵太
4 リスト=ホロヴィッツ/ハンガリー狂詩曲 第2番 太田整
5 バッハ=レーガー/ブランデンブルグ協奏曲 第5番 小代康世
&不破友芝
6 ショパン/ノクターン 第16番 Op.55-2
スクリャービン/エチュード Op.42-4、エチュード Op.8-12
宮田由香
7 上原ひろみ/グリーン・ティー・ファーム
ミシェル・カミロ/リメンバランス
ファジル・サイ/トルコ行進曲「ジャズ」
大竹将也
8 チャイコフスキー/ドゥムカ「ロシアの農村風景から」 佐藤聡美
9 ストラビンスキー=アゴスティ/「火の鳥」からの3楽章 長岡ゆり

(休憩) 20分

第2部 14:40~

10 ショパン/エチュード Op.10-1、2、3、4 本間健将
11 ラヴェル/水の戯れ、ボロディン風に 木下彩
12 リスト/メフィスト・ワルツ 第1番 塩田紘子
13 スクリャービン/2つの詩曲 Op.32 松岡秀光
14 サティ/グノシエンヌ第7番、犬のためのぶよぶよした前奏曲
   (Ⅰ. 内心の声 Ⅱ. 犬儒学派的(皮肉な)牧歌
    Ⅲ. 犬の歌 Ⅳ. 友情をもって)
峯岸涼太
15 ドビュッシー/映像第2集
     1,葉杖を渡る鐘の音
     2,そして月は廃寺に落ちる
     3,金色の魚
浅野稔子
16 スクリャービン/ピアノソナタ第6番 Op.62 小幡創
17 リスト/アヴェマリア(レーベルトとシュタルクの大ピアノ学校のための)S.182
  伝説 S.175 より第2曲「波を渡るパオラの聖フランチェスコ」
大和誉典
18 アルカン/全ての短調による12の練習曲 Op.39 より
    第12曲「イソップの饗宴」
    第7曲「交響曲第4楽章」
大渕良弘

(休憩) 20分

第3部 16:50~

19 バッハ=田中博幸/カンタータ第106番 より「ソナティナ」
   2つのヴァイオリンのための協奏曲より第2楽章
田中博幸
20 スカルラッティ/
  ソナタイ長調K.39/L.391、ホ長調K.162/L.21、
  イ長調、K.208/L.238、ニ長調K.491/L.164、
  ロ短調K.87/L.33、ト長調K.427/L.286
金子一朗
21 ドビュッシー/前奏曲集 第2巻 より
     「III.ヴィーノの門」
     「X.カノープ」
中村香織
22 トム・ジョンソン/パスカルの三角形
フレデリック・ジェフスキ/"A Life" for John Cage, 1973 (4:33)、
   "Nano Sonata" for Hideyuki Arata, 2006
新田英之
23
24 ドビュッシー/前奏曲集 第1集 より
   09. とだえたセレナーデ
   10. 沈める寺
   11. パックの踊り
   12. ミンストレル
坂爪あや子
25 スクリャービン/ピアノソナタ 第1番 第1楽章 高梨庸子
26 ラモー/ロンドによるミュゼット、鳥のさえずり
スクリャービン/焔に向かって~詩曲 Op.72
森原百合
27 チャイコフスキー=プレトニョフ/演奏会用組曲「くるみ割り人形」より
   「行進曲」、「インテルメッツォ」、「トレパック」、
   「アンダンテ・マエストーソ」
植松洋史

終演予定 18:30

 以上です。

演奏会責任者: 松林伸生

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。