こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会についての企画について掲載します。

第10回・こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会

| コメント(1)
○日時: 2010年11月27日(土) 午後
         12:00開場/12:30開演(19:30終演予定)

○会場: すみだトリフォニーホール・小ホール
       JR・錦糸町駅下車徒歩3分

○入場料: 無料


○プログラム:(敬称略)
   ※曲目/曲順は変更になる場合があります。最新情報はこのページに掲載します。



第1部 12:30~
1 ショパン/バラード第3番
菊池奏子
2 スクリャービン/ピアノソナタ第10番Op.70 小幡創
3 リスト/超絶技巧練習曲集より第11番「夕べの調べ」
鈴木友子
4 アルカン/すべての短調による12の練習曲 作品39より
 第10番「協奏曲 第3楽章」
二之宮良一
5 Various Composers/A Tiny Tribute to Mr. Bill Evans
椙田耕太郎
6 マルティヌー/胡蝶と極楽鳥より
  第2曲「胡蝶と極楽鳥」、第3曲「海の上の極楽鳥」
森原百合





(休憩)

第2部 14:00~

9 サティ/グノシエンヌ第2番, 第3番、ノクターン第4番峯岸涼太
10 メンデルスゾーン/厳格なる変奏曲 ニ短調 作品54 宮田由香
11 ショパン/練習曲 作品10より
小林創
12
エイフェックス・ツイン/Jynweythek Ylow
ラヴェル/夜のガスパールより スカルボ
新井幹太
13 ベートーヴェン/幻想曲 Op.77 木下彩
14 シューマン/トッカータ Op.7
リスト/超絶技巧練習曲より第5番「鬼火」
アムラン/トリプルエチュード(ショパンによる)
大渕良弘


(休憩)


第3部 15:30~

15 シューマン/幻想小曲集Op.12より
第3曲「なぜに」、第4曲「気まぐれ」、第8曲「歌の終わり」
新田英之
16 バッハ/パルティータ第1番より、「サラバンド」
バッハ=ワイルド/プーランクへのオマージュ
木沢麻由子
17 フランツ・レハール/ワルツ「ジプシー・ラブ」
野々村直哉
18 ショパン/バラード第3番
佐藤聡美
19 リスト/ハンガリー狂詩曲 第14番 S244-14
大和誉典
20 チャイコフスキー=プレトニョフ「くるみ割り人形」組曲より
1.行進曲, 2.金平糖の踊り, 5.トレパック
塩田紘子


(休憩)


第4部 16:55~

21 シェーンベルク/組曲23よりNo.5「ワルツ」
サン・サーンス=ゴドフスキー/白鳥
松林伸生
22 フランク/プレリュード、フーガと変奏 村尾一真
23
バーバー/バラード
守屋明彦
24
バルトーク/ミクロコスモス第4巻よりブルガリアのリズム1&2
ショパン/バラード第2番
清木美帆
25
シャミナード/
6つの無言歌より第2曲「エレヴァシオン」Op.76-2、
6つの演奏会用練習曲第1集より第2曲「秋」Op.35-2、
6つの演奏会用練習曲第2週より第6曲「スコラティックな練習曲Op.139」
小代康代
26
アムラン/ある架空のピアノ交響曲のための序奏
バラキレフ/タランテラ
不破友芝






(休憩)


第5部 18:20~

27
フォーレ/ノクターン第2番 ロ長調 作品33-2
吉川恵太
28
ファリャ/アンダルシア幻想曲
浅野稔子
29
バッハ=ブゾーニ/オルガン前奏曲とフーガ 変ホ長調
 BWV552より「フーガ」
田中博幸
30
ショパン/マズルカ Op.67-3、華麗なる変奏曲Op.12
河野民愛
31
カール・ヴァイン/ピアノソナタ第1番より第1楽章
宮崎英幸
32
モーツァルト=ヴォロドス/トルコ行進曲
長岡ゆり

シュルツ=エヴラー/美しき青木ドナウの主題によるアラベスク






終演予定 19:30

コメント(1)

【出演者からの一言メッセージ】

菊池奏子
社交場のような華やかな演奏ができるようにがんばります。

小幡創
第10回なので第10番にしてみました

鈴木友子
初の大演奏会、静けさ漂う美しい演奏を目指します。

二之宮良一
エキゾチックに弾ければと思います。

椙田 耕太郎
個人的でささやかな、ビル・エヴァンス氏へのトリビュートです。

森原百合
極楽鳥が海に落っこちないよう、優雅に雄大に。。

峯岸涼太
曲中の指示に「心ゆくまで自分自身と相談して」とあるので、その通り弾ければいいかもです。

宮田由香
あくまでも厳格に、でもロマンチックに!

木下彩
久々にベートーヴェンを弾くというチャレンジはやっぱり大変でした

大渕良弘
恥をかきたくない → 恥をかくのも当たり前 → 恥をかくのも久しぶり

新田英之
ステージで弾くことの素晴らしさと怖さを人生の糧にできればと思います。

木沢麻由子
本番の演奏を楽しめるように頑張ります♪

野々村直哉
ウィンナワルツにこだわり続けて10年以上経ってようやく初登場にこぎつけました。

佐藤聡美
今年はショパンイヤーなので、7,8年ぶりにショパンにトライします!

大和誉典
初めて弾くハンガリー狂詩曲です。ですがまたもオリジナルとはちょっとした違いが…

塩田紘子
9月スタートの練習は追い詰められ気味ですが…曲自体が楽しいので救われています。

村尾一真
もっと弾かれても良い作品だと思います

小代康世
女性作曲家シャミナードの魅力をお届けできるよう、精一杯演奏します。華やかさと優美さ、女性らしい繊細さをお楽しみください。

不破友芝
第10回記念に過去に取り上げられていない珍しい作品を演奏させていただきます。アムラン作品は音源もないかも。

吉川恵太
無事に当日を迎えられますように・・・。

浅野稔子
70、80まで生きてたとしてピアノを弾いてるだろうか?弾いてるだろうなあ。

宮崎英幸
たまには爽やかな曲を弾きたいものです。

このブログ記事について

このページは、мιgeが2010年11月 8日 21:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会 ~番外編~」です。

次のブログ記事は「第11回・こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。