Un Concert de Piano Excentrique '1999
〜こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達による大演奏会〜

”Un Concert de Piano Excentrique” とは、「風変わりな/酔狂なピアノ演奏会」という意味です。ひょんなことから今回、所属や年代に関係なく、文字通り「こだわりを持った」ピアノ弾きとその仲間達に、片っ端から声をかけて大演奏会を開くことにしました。「弾きたい曲を弾きたいだけ弾きまくろう!」という、全く気のおけない演奏会ですから、どうぞお客様も、「聴きたい曲を聴きたいだけ」聴きにいらしてください。秋の一日、こだわりのコーヒーを味わうがごとく、気の赴くままに「こだわりの」ピアノ音楽を満喫してみませんか?

日時:  1999年9月11日(土)13:00開場、13:30開演

場所:  かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール

 (京成線青砥駅下車)  [ 地図 ]

出演:  東大、早大、慶大のピアノサークル、及び音大の

 卒業生、現役生を中心とした有志一同

入場:  無料

プログラム

1、アルカン/大ソナタ「4つの時代」より第1楽章「20代」
	   吉川 恵太(早大ショパンの会現役3年)

2、プロコフィエフ/ピアノソナタ No.1
	   笹倉 優子(慶應ピアノクラブOG)

3、ショパン/ピアノソナタ No.3 より第1楽章
	   小清水 香織(慶應ピアノクラブOG)

4、ショパン/ポロネーズ No.4
	ショパン/マズルカ No.15
	パデレフスキ/ポーランド舞曲集より「クラコヴィアック」
	   津原 和典(早大ショパンの会現役4年)

5、ベートーヴェン/ピアノソナタ No.28
	   角 葉子(武蔵野音大ピアノ科卒)

   〜休憩(15分)〜   14:35〜14:50ぐらい

6、バッハ/ブランデンブルグ協奏曲 No.5
	  本間 健将(慶應ピアノクラブOB)他

7、モーツァルト/ピアノソナタ No.8
	   白石 潤一(東大ピアノの会OB)

8、モンポウ/歌と踊り より
	   金子雄一郎(東大ピアノの会OB)

9、バルトーク/3つのチーク地方の民謡
	バルトーク/アレグロバルバロ
	バルトーク/6つのルーマニア民族舞曲
	   石藤 紀子(早大ショパンの会現役4年)

10、シューマン/ソナタNo.3 より 第1楽章
	 ワーグナー=タウジッヒ/「イゾルデの愛の死」
	   松林 伸生(慶應ピアノクラブOB)

11、フランク/バイオリンソナタ
	   伊東佐知子(東京音大バイオリン科卒)/飯塚雅流(東京学芸大卒)

   〜休憩(20分)〜	16:40〜17:00ぐらい

12、リスト/3つの演奏会用練習曲 No.1
	   濱川 朋(慶應ピアノクラブOB)

13、モーツァルト/ピアノ協奏曲 No.13(室内楽版)
	   光山 奈保子(東大ピアノの会OG)他

14、スクリャービン/ピアノソナタ No.5
	   田中 博幸(慶應ピアノソサエティー現役4年)

15、リャプノフ/超絶技巧練習曲集 より No.10「レスギンカ(バラキレフ調)」
	   長岡 ゆり(慶應ピアノクラブOG)

16、リスト/ピアノソナタ ロ短調 より 第3部
	   後藤 由衣子(桐朋学園演奏学科ピアノ科4年)

17、J・シュトラウスU=シュルツ・エブラー/
	  「美しく青きドナウによるアラベスク」
	   高田 寛(東大ピアノの会OB)

出演者からのメッセージ
プログラムパンフレット(解説・メッセージ付)


[こだわりのあるピアノ弾きのためのページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.