Un Concert de Piano Excentrique : 2000
〜第2回 こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達による大演奏会〜

= 曲目解説・演奏者メッセージ =


リアルオーディオ演奏 リアルオーディオ演奏付き

14.シマノフスキ/仮面劇より「シェエラザード」 リアルオーディオ演奏 中塚 寛幸
<曲目解説&曲目へのこだわり>
 シマノフスキとの鮮烈な出会いは,Deccaから出たリヒテルのシリーズに収録されていた「メトープ」だった(当時高校3年生)。大学1年生で始めて例会で演奏したのは,ドビュッシー「版画」,シマノフスキ「メトープ」,ドホナーニ「演奏会用練習曲」。爾来,シマノフスキの中期の作品はほぼすべて(ソナタ以外)ショパンの会で演奏してきた。しかし,まったくといってよいほど彼の芳醇な音楽性が話題になることはなかったと思う。読譜,演奏,解釈など,すべての面で高度な技術が要されるため,一部の愛好家を除けば,世界的にもあまり理解の進んでいない重要な作曲家の一人だろう。
 シェヘラザーデは,『千一夜物語』に登場する寵妃の名前。千夜通して王を退屈させない物語をしなければ,殺されてしまう女。リムスキー・コルサコフのアプローチは,その一夜ごとのエピソードを綴る叙情を主体にしているが,シマノフスキの場合は,人物としてのシェヘラザーデに材を取っている。
ほぼ全曲が復調の三段譜で書かれ,それは時として王とシェヘラザーデとの調和と不調和を表わす。
シマノフスキの冷徹なロマンティシズムが,情景よりも心理を主題にして成功したよい例だろう。芳しいアルペッジォやトレモロが中近東のエキゾチックな雰囲気を醸し出している名曲だ。
<音源情報>
・ADDA(MUZA原盤) Andzrei Stefanski
・Nimbus(全集) Martin Jones
・Naxos(全集) Martin Roscoe
・Hyperion Denis Lee
代表的なのはこのくらいでしょう。これよりもよい演奏にはあまり出会ったことはありません。


[プログラム一覧のページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.