Un Concert de Piano Excentrique : 2000
〜第2回 こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達による大演奏会〜

= 曲目解説・演奏者メッセージ =


リアルオーディオ演奏 リアルオーディオ演奏付き

9.サン・サーンス=ゴドフスキー/白鳥 リアルオーディオ演奏 松林 伸生
リスト/ポロネーズ 第2番
<曲目解説&曲目へのこだわり>
 選曲の動機の一つとして、何か自分にとって決定的な演奏に触れてとり憑かれてしまったから、というのがあると思う。明らかに今回の私の場合はそれ。リストはシフラの、「白鳥」はチェルカスキーの名演に接し、この期に及んで人生観とは言わないまでも私のピアノ観は大きく変わってしまった気がする。  ところで、この「白鳥」は、ゴドフスキー(ピアニスト:1870‐1938)らしい陰鬱な匂いをほのかに漂わせつつも、有名なショパンエチュードや、「芸術家の生涯」、「舞踏への勧誘」ほどはキツイ編曲でないので、絶妙。楽譜もヤマハで売っているし、ちょっとした手持ちネタとしてオススメ。でも、さすがに結婚式には難しいか・・・
<音源情報>
○白鳥:チェルカスキー(The last of the great piano romantics1:ASV 盤)の瀟洒な演奏に尽きる。あとは、ハフ(Piano album2: Virgin盤)など。あとCDにはなっていないと思ったが、ボレットも弾いている。
○ ポロ2: シフラの爆演が決定的。何度も録音しており、それぞれ楽しめるが、例えば1963年のイタリアでのライヴ(Aura盤:AUR190-2)など。BBC放送収録のヴィデオもあり、一見の価値あり。あと、模範的演奏としては、アムラン(1991、Music&Arts盤、CD-723)がオススメ。


[プログラム一覧のページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.