第4回・こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会

<<--BACK TO TOP ...
◆ Navigation...

 ■ What's New!?

 ■ サイバーコンサート
   |-->>サイバーコンサート
   |-->>映像特集
   |-->>第3回大演奏会
   |-->>第2回大演奏会
   |-->>人気曲ランキング

 ■ こだわりの掲示板
   |-->>掲示板
   |-->>情報検索

 ■ CDデータベース
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ こだわりの名演奏
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ 大演奏会
   |-->>第4回(03/02/22)
   |-->>第3回(02/02/16)
   |-->>第2回(00/12/02)
   |-->>第1回(99/09/11)

 ■ その他
   |-->>リンク集
   |-->>オフ会
   |-->>アンケート
   |-->>演奏会宣伝
 
◆ 掲示板過去ログ検索
今までの掲示板への書き込みをキーワード検索できます。
キーワード:
古い順 新着順


◆ CD Search...
どういうCDを買ったらいいか迷ったら、ここで検索して「こだわった」人達のコメントを参考にしてみてはいかがでしょうか?
キーワード:








  こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達のためのページ

= 曲目解説・演奏者メッセージ =



13 グラナドス/愛の手紙
  (1) リズミカルな (2) ためいき (3) 悲しげに (4) 情熱的に
グラナドス/ゆっくりした舞曲
グラナドス/演奏会用アレグロ
廣瀬清隆
■プロフィール■
武蔵大学経済学部経済学科出身。製薬会社勤務。本荘玲子氏にピアノと理論を師事。ウィーンにてA. ブラギンスキー、R. ケレル、J. A. コー、ハンガリーにてK. ドラーフィの各教授に指導を受ける。
第26回家永ピアノオーディション、第4回新鋭音楽家協会新人オーディションなどに合格。第7回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第10回カワイ・クラシックオーディション優秀賞受賞。
■曲目解説■
今回はスペインの作曲家E.グラナドスの作品でまとめてみました。
「演奏会用アレグロ」は初めて聴いたときに「これこそ自分が求めていた作品だ!」と惚れこんでしまったもので、絢爛豪華な技巧が披露された演奏会にふさわしい華やかな作品です。「愛のメッセージ」はあまり弾かれる機会はありませんが、20歳のグラナドスが未来の夫人に捧げた可憐な作品。「ゆったりとした舞曲」はスペインのある種の舞曲独特の韻なのか、2+3小節単位で作曲されているため、不思議な雰囲気を醸し出しています。
■音盤情報■
スペインものをもっとも得意とするピアニストAlicia de Larrochaはグラナドスの作品を幾度となく録音していますが、私は彼女が1967年に録音したものが気に入っています。
EMI CDM 764529のDANZA LENRAとALLEGRO DE CONCIERTOは絶品だと思います。


演奏会プログラム】へ




























[TOPページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.