第5回・こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会

<<--BACK TO TOP ...
◆ Navigation...

 ■ What's New!?

 ■ サイバーコンサート
   |-->>サイバーコンサート
   |-->>映像特集
   |-->>第4回大演奏会
   |-->>第3回大演奏会
   |-->>第2回大演奏会
   |-->>人気曲ランキング

 ■ こだわりの掲示板
   |-->>掲示板
   |-->>情報検索

 ■ CDデータベース
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ こだわりの名演奏
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ 大演奏会
   |-->>第5回(04/02/21)
   |-->>第4回(03/02/22)
   |-->>第3回(02/02/16)
   |-->>第2回(00/12/02)
   |-->>第1回(99/09/11)

 ■ その他
   |-->>リンク集
   |-->>オフ会
   |-->>アンケート
   |-->>演奏会宣伝
 
◆ 掲示板過去ログ検索
今までの掲示板への書き込みをキーワード検索できます。
キーワード:
古い順 新着順


◆ CD Search...
どういうCDを買ったらいいか迷ったら、ここで検索して「こだわった」人達のコメントを参考にしてみてはいかがでしょうか?
キーワード:








  こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達のためのページ

= 曲目解説・演奏者メッセージ =



7 ラフマニノフ/「音の絵」 Op.33-8
バッハ=シロティ/「G線上のアリア」
濱川 朋
■演奏者の独り言■
右手が故障してピアノを止めた
休みを練習時間にずっと費やしていたあの頃
充実していたけれど一人だった
練習を止めてから色々な「出会い」があった
そこではじめて「出会い」の大切さに気がついた
それは僕にとって素晴らしい贈り物だった
「出会い」とは
楽しいと感じる瞬間
恵まれていると感じる瞬間
人生を振り返ったとき
たくさんの「出会い」を思い出せたら楽しいだろう
思い出せなかったら悲しいだろう
ピアノを弾けばまた「出会い」がある
だからもう1回ピアノを弾いてみよう
前みたいには弾けないけれど
言葉を重ねても伝えられない「想い」があるから

■音盤情報■
ラフマニノフ…M.Pletnevの「ラフマニノフへのオマージュ」(DG盤・1998年録音)が素晴らしい。特にソプラノとバスとの対話部分は特筆に価する。 他、N.DemidenkoのHyperion盤(1994年録音)は、冒頭をノン・ペダルで処理しており、孤独感を見事に表現している。
バッハ=シロティ…シロティ編曲は未聴。原曲ならVeghのOrfeo盤(1983年Live録音)がいい。弦の響かせ方が内声部を含めて充実している。 残念ながらオリジナル楽器による演奏で、これに匹敵するものはなかった。去年12月に生で聴いたミュンヘン室内管弦楽団の演奏が、個人的に感慨深い。


演奏会プログラム】へ




























[TOPページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.