第6回・こだわりのあるピアノ弾きとその仲間たちによる大演奏会

<<--BACK TO TOP ...
◆ Navigation...

 ■ What's New!?

 ■ サイバーコンサート
   |-->>サイバーコンサート
   |-->>映像特集
   |-->>第4回大演奏会
   |-->>第3回大演奏会
   |-->>第2回大演奏会
   |-->>人気曲ランキング

 ■ こだわりの掲示板
   |-->>掲示板
   |-->>情報検索

 ■ CDデータベース
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ こだわりの名演奏
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ 大演奏会
   |-->>第6回(05/05/21)
   |-->>第5回(04/02/21)
   |-->>第4回(03/02/22)
   |-->>第3回(02/02/16)
   |-->>第2回(00/12/02)
   |-->>第1回(99/09/11)

 ■ その他
   |-->>リンク集
   |-->>オフ会
   |-->>アンケート
   |-->>演奏会宣伝
 
◆ 掲示板過去ログ検索
今までの掲示板への書き込みをキーワード検索できます。
キーワード:
古い順 新着順


◆ CD Search...
どういうCDを買ったらいいか迷ったら、ここで検索して「こだわった」人達のコメントを参考にしてみてはいかがでしょうか?
キーワード:








  こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達のためのページ

= 曲目解説・演奏者メッセージ =



11 ボルトキエヴィチ/Esquisses de Crimee Op.8、
 No.1 Les rochers d'Outehe-Coche.
シューマン=リスト/献呈
長谷川和代
■プロフィール■
 HNはアルと申します。私は10代でピアノの道を諦め、声楽に転向し、27歳で再びピアノを始めました。それからすぐロシア作品に出会い、その素晴らしさに感動し作品を練習をするようになりました。普段は会社経営に携わっており、仕事の合間に練習をしています。…最近「音楽は音による語りかけである」という事を知りました。少しでもそんな音が出せるように頑張りたいと思います。

HP → http://www7a.biglobe.ne.jp/~blum/
■曲目解説■
 ブリューメンフェルド(1863〜1931生)はホロヴィッツの師として知られており「左手の為のエチュード」は有名ですが、彼の作品は50以上も存在し、どの曲もメロディは美しく優れた作品ばかりです。この「海へ」は彼のエチュードの中でも最も親しみやすい作品であると思い選びました。左手が寄せては返す海の波のようで、メロディはとにかく「カッコイイ!」です。
 ボルトキエヴィッチ(1877〜1952)もロシアの作曲家ですが、晩年はウィーンで過しました。彼の作品はとてもスケールが大きく、優雅で美しく、親しみやすいものが多いのが特徴です。この曲はクリミア半島を描写した組曲の第一曲目で、美しい自然と荘厳な岩山を表現しており、大変感動的な結末を迎えます。


演奏会プログラム】へ




























[TOPページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.