バッハが残した、6つのオルガン用トリオソナタ。これら全曲を2台ピアノのための編曲で録音したCDがリリースされました。ほとんどが初録音とのことで、これらの名曲を手軽にCDで聴けるのはとても嬉しいことです。
icon
icon
編曲者を軽く紹介。第1番を編曲したフェルディナント・ティエリオ(Ferdinand Thieriot, 1838-1919)は、ドイツの作曲家・チェリストで、ブラームスをとりまく音楽サークルの一員だったそうです。ピアノを含むアンサンブル曲、管弦楽曲、室内楽曲、合唱等多くの曲を残しています。バッハのピアノ編曲は、この曲のみのようです。
第2番を編曲したイシドール・フィリップ(Isidor Philipp, 1863-1958)は、フランスのピアニスト、ピアノ教育者。バッハのピアノ編曲も数多く残しています。以前このページでも「バッハの主題によるオクターブ練習曲」というタイトルで記事を書きました。
第3番、第4番、第5番を編曲したヴィクトル・バビン(Victor Babin, 1908-1972)は、モスクワ生まれで、その後ベルリンに渡りシュナーベルに師事しました。バビンはこの「6つのオルガン用トリオソナタ」全てを編曲していて、Boosey & Hawkesから出版されていました。
第6番を編曲したヘルマン・ケラー(Hermann Keller, 1885-1967)は、レーガーに作曲を学び、オルガニストや教育者として活躍し、またバッハ研究者として多くの著作を残しています。オルガン曲の魅力を2台ピアノで伝えようと、いくつかのピアノ編曲を残しています。

収録曲は以下の通りです。
バッハ=ティエリオ/トリオソナタ 第1番 変ホ長調 BWV 525
バッハ=バビン/トリオソナタ 第3番 ニ短調 BWV 527
バッハ=バビン/トリオソナタ 第5番 ハ長調 BWV 529
バッハ=フィリップ/トリオソナタ 第2番 ハ短調 BWV 526
バッハ=バビン/トリオソナタ 第4番 ホ短調 BWV 528
バッハ=ケラー/トリオソナタ 第6番 ト長調 BWV 530
バッハ=ハウ/カンタータ第208番より「羊たちは安らかに草を食み」

HMV Onlineではこちら

----(ご参考)Amazonでの入手方法----