hyperionのバッハピアノ編曲集、順調に巻数を重ねてきています。今回はサンサーンス(Camille Saint-Saëns, 1835-1921)によるバッハ編曲全集(全12曲)がメイン。さらに、サンサーンスの弟子であるイシドール・フィリップ(Isidor Philipp, 1863-1958)による編曲も2曲収録されています。

サンサーンスの編曲は、無伴奏ヴァイオリン曲およびカンタータからの抜粋編曲になっています。どの曲も、ごく自然な美しいピアノ曲に仕上がっています。今まで数曲はCDに収録されていることがありましたが、全曲が揃うのは初めてです。ちなみにブゾーニは、弟子のペトリにサンサーンス編曲のバッハを「lovely transcriptions」と評し、弾くようによく薦めたそうです。

フィリップは、フランスのピアニスト・教師であり、バッハのピアノ編曲(ピアノソロ用編曲や2台ピアノ用編曲)も数多く手がけています。日本の楽譜店では「小フーガ ト短調」の楽譜(Durand)が比較的容易に手に入れることができます。このCDには比較的大曲である協奏曲、ヴィヴァルディの『調和の霊感』からバッハがオルガンソロに編曲したものを、さらにフィリップがピアノソロに編曲したものが収録されています。

収録曲は以下の通り。
<バッハ=サンサーンス>
 ・カンタータ 第29番 より「序曲」
 ・カンタータ 第3番 より「アダージョ」
 ・カンタータ 第8番 より「アンダンティーノ」
 ・無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第1番 ロ短調 BWV 1002 より「ブーレ」
 ・無伴奏ヴァイオリンソナタ 第2番 イ短調 BWV 1003 より「アンダンテ」
 ・カンタータ 第35番 より「プレスト」
 ・カンタータ 第15番 より「序奏とアリア」
 ・無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番ハ長調 BWV 1005 より「フーガ」
 ・無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番ハ長調 BWV 1005 より「ラルゴ」
 ・カンタータ 第30番 より「レシタティーフとエア」
 ・無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第3番 ホ長調 BWV 1006 より「ガヴォット」
 ・カンタータ 第36番 より「アリア」
<バッハ=フィリップ>
 ・協奏曲 イ短調 (ヴィヴァルディによる) BWV 593
 ・協奏曲 ニ短調 (ヴィヴァルディによる) BWV 596

hyperionのページのリンクはこちらで、試聴することもできます。
Piano Transcriptions, Vol. 10 – Saint-Saëns & Philipp
The complete Bach transcriptions by Camille Saint-Saëns
Nadejda Vlaeva (piano)

HMVはこちら


----(ご参考)Amazonでの入手方法----