Gelber and Weissenberg plays Bach Transcriptions
EMIから、初CD化含むバッハ編曲集のコンピレーションCDがリリースされました。演奏者はブルーノ・ゲルバー とアレクシス・ワイセンベルク。ワイセンベルクの録音は、以前も紹介したワイセンベルグのバッハ編曲集CDと同じもの(一部曲目省略あり)のため、ここではゲルバーの演奏を中心に紹介します。

1967年パリでの録音で、今回が初CD化(トラック1−7)とのこと。当時26歳、若いころの演奏だけあって、その勢いは凄まじいものがあります。特にシャコンヌニ長調の前奏曲とフーガ、そしてカンタータ29番のシンフォニア。また、低音の鳴らし方が実に豪快、例えばサンサーンス編のシンフォニアで全音符がタイで繋げられた保続音は、連打して存在感を出していたり、演奏者なりのさらなる工夫が聞けます。
これらの激しい部分のある3曲の間には気品のあるコラール前奏曲が挿入されていて癒されます。最後にはシロティ編のオルガン前奏曲 ホ短調 BWV555でしっとりと締めくくります。演奏会のアンコールのようなプログラミングなのでしょうか。

併録のワイセンベルクの演奏も素晴らしいですし、価格も安いですし、かなりオススメできるCDだと思います。

HMVではこちらで購入できます。


収録曲は以下のとおりです。

1. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004~シャコンヌ (ブゾーニ)
2. コラール前奏曲「我,汝を呼ぶ,主イエス・キリストよ」BWV639 (ブゾーニ)
3. コラール前奏曲「来たれ,異教徒の救い主よ」BWV659 (ブゾーニ)
4. カンタータ 第29番より シンフォニア BWV29/1 (サンサーンス)
5−6. プレリュードとフーガ ニ長調 BWV532 (ブゾーニ)
7. プレリュード ホ短調 BWV555 (シロティ)
8. カンタータ第147番BWV147~コラール「主よ,人の望みの喜びよ」 (ヘス)
9. コラール前奏曲「いまぞ喜べ,愛するキリストの信者たちよ」BWV734 (ブゾーニ)
10. フルート・ソナタ第2番BWV1031~シチリアーノ (ルストナー)
11-12. プレリュードとフーガ イ短調BWV543 (リスト)
13. プレリュード ロ短調BWV855a (シロティ)
14-15. トッカータとフーガ ニ短調BWV565 (ブゾーニ)
【演奏】
ブルーノ・ゲルバー (1-7)
アレクシス・ワイセンベルク (8-15)