J.S.Bach: Well Tempered Clavier, Clavier Works & Feinberg's Piano Transcriptions, etcサムイル・フェインベルグ(Samuil Feinberg, 1890-1962)に関しては、このホームページでも何度も取り上げてきました。今回紹介するCDは、フェインベルグの没後50年を区切りに整理されてリリースされた、プライベート録音集。中身を確認してみるとほとんどが初出という、マニア垂涎アイテムでした。
Amazonやタワーレコードのサイトで表示されているタイトルや商品説明が、「J.S.Bach: Well Tempered Clavier, Clavier Works & Feinberg's Piano Transcriptions, etc」のようになっていて4枚組なので、既出の平均律全集と余白に編曲が収録されたコンピレーションCDかと思わせておりあまり期待していませんでした。しかし!なんと平均律の録音は既出のものとは別の、おそらく公式録音の前に、音楽院のホールにある録音設備でテスト的に収録されたもののようなのです。残念なのが、第1巻の後半(13−24番)が消失しているのですが、第2巻は全曲揃っています。公式録音もそうですが、フェインベルグの平均律は全曲を通して1曲かのように感じさせる演奏、そしてここでは明らかに公式録音と違う演奏が聴けます。

そして4枚目、いくつかのシンフォニアや、イギリス組曲のブーレ、フーガなど初めて耳にする録音が多数。フーガ イ短調 BWV 944は、録音の存在は知りつつも長らく入手がかなわなかったものなので、とても嬉しいです。このフーガには短いプレリュードがついており、バッハの楽譜上はアルペジオと書かれた和音が書かれているだけですが、ここではフェインベルグによるリアリゼーションを聴くことができます。


4枚目の収録曲は以下の通りです。
 ・3声のシンフォニアから、2, 5, 9, 12, 15番
 ・イギリス組曲 第2番 BWV 807 ブーレI, II
 ・パルティータ 第1番 BWV 825
 ・トッカータ ニ長調 BWV 912
 ・オルガンコラール前奏曲のフェインベルグ編曲
 ・フーガ イ短調 BWV 944

その他、装丁も豪華になっており、ライナーノーツも写真含めかなり充実しています。
何にせよ、このCDはフェインベルグファンにとって愛蔵盤となることは間違いありません。