「こだわり」のCD聴き比べ

30945

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30

(基礎データ)初演は作曲者自身の独奏・Walter Damroschの指揮、New York Philharmonicの伴奏で1909年11月28日に行われました。翌年1月16日には同じオーケストラで作曲者自身の独奏・Gustav Mahlerの指揮という巨匠同士の顔合わせが実現しています。被献呈者はあのJosef Hoffman。曲自体もビッグですが、この曲にまつわる人たちもみんなビッグです。
(2種類のCadenza)1楽章の終盤に作曲者自身によるCadenzaが2種類設定されていて両者は基本的な流れは一緒ですが、Ossiaの標記があるVersionの方が複雑です。CDを買って最初に聴くときの楽しみの一つは、どちらのVersionを独奏者が選択しているかということです。Ashkenazyのように複数の録音の中で両方を演奏している場合もあります。
(音源に関して)この曲は同じ独奏者による異演が多いのが特徴です。Horowitzが最多で(6種?)でしょうか?Ashkenazyのスタジオ録音のみ(!!)で4種もあっぱれ。同じ独奏者ならバックのオーケストラで比べるのも一興です。ちなみに指揮者として一番登場回数の多いのは、私の知る限りOrmandyの3種類でしょうか?その一方で2番を複数録音しているのに、3番を一回もレコーディングしていない有名人もKatchen、Moiseiwitsch、Richter、Rubinsteinなど沢山います。
(皆さんはどの演奏を選びますか?)選択の際には演奏内容そのものが判断材料になることは言うまでもありませんが、この曲は今挙げた要素の他、カットの方法、スタジオ・ライブ録音の差など他の判断材料にも事欠きません。さあ、あなたのお気に入りはどれですか? (Special Thanks To 濱川朋先生)

前の画面〕〔推薦盤登録〕〔一覧〕〔「こだわり」ホームページへ

7日前までに登録されたものには新着マークがつきます。 それぞれタイトルをクリックすると推薦文と評価ボタンがありますので、評価(☆印の数)をつけて下さい。 推薦文に対する同意・異議があれば、返信コメントを書き込むこともできます。
また、もしここにリストアップされている音盤以外にも聴き比べ対象にしたいCDがありましたら、 ぜひ推薦盤登録から登録して下さい。
並び替え: [登録日付順] [総合得点順
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
削除
ヴォロドス - ☆☆☆☆☆:14 - ☆☆☆☆:4 - ☆☆☆:4 - ☆☆:1 [ 総合得点 85 ]
ゾルタン・コチシュ(ワールト指揮、サンフランシスコSO) (録音:10/1983) - ☆☆☆☆☆:8 - ☆☆☆☆:4 - ☆☆:3 [ 総合得点 49 ]
ホロヴィッツ(メータ指揮、ニューヨークフィル) (録音:1978年) - ☆☆☆☆☆:9 - ☆☆☆☆:3 - ☆☆☆:1 - ☆☆:3 - ☆:3 [ 総合得点 43 ]
クライバーン(コンドラシン指揮) (録音:1958年) - ☆☆☆☆☆:7 [ 総合得点 35 ]

総合得点 ]内の数字は総合得点を表します。 この得点の計算方法は、
☆☆☆☆☆:5点、☆☆☆☆:3点、☆☆☆:1点、☆☆:-1点、☆:-3点
となっています。

前の画面〕〔推薦盤登録〕〔一覧〕〔「こだわり」ホームページへ



Trees v2.04

[ 「こだわり」音楽ページへ ]
[ 「こだわり」掲示板へ ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.