映像特集 演奏の抜粋映像

<<--BACK TO TOP ...
◆ Navigation...

 ■ What's New!?

 ■ サイバーコンサート
   |-->>サイバーコンサート
   |-->>映像特集
   |-->>第3回大演奏会
   |-->>第2回大演奏会
   |-->>人気曲ランキング

 ■ こだわりの掲示板
   |-->>掲示板
   |-->>情報検索

 ■ CDデータベース
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ こだわりの名演奏
   |-->>検索ページ
   |-->>登録ページ

 ■ 大演奏会
   |-->>第3回(02/02/16)
   |-->>第2回(00/12/02)
   |-->>第1回(99/09/11)

 ■ その他
   |-->>リンク集
   |-->>オフ会
   |-->>アンケート
   |-->>演奏会宣伝
 
◆ 掲示板過去ログ検索
今までの掲示板への書き込みをキーワード検索できます。
キーワード:
古い順 新着順


◆ CD Search...
どういうCDを買ったらいいか迷ったら、ここで検索して「こだわった」人達のコメントを参考にしてみてはいかがでしょうか?
キーワード:








  こだわりのあるピアノ弾きとその仲間達のためのページ

今まではサイバーコンサートとして演奏録音をWeb上で聴けるように してましたが、それに加えて映像+音楽のビデオクリップも「映像特集」として掲載していくことにしました。 映像というと非常に容量を食うので曲全体というわけにはいかず、数分間の抜粋ですが、視覚的にも雰囲気が 伝わるのではないでしょうか。 Web上で掲載できる(Web上に適した)映像の形式は複数存在しますが、当ページではサイバーコンサートと同じ RealAudiio形式を採用しました。以下の画像部分をクリックすることで映像のストリーミング再生が始まります。 しかし、接続回線速度によってはスムーズに見れないかも知れません。 サイバーコンサートの方は20.0Kbpsなのに対して、ビデオクリップは80.0Kbpsです(一部異なるものもあります)。

ブリュ−メンフェルド/変奏によるバラード
(演奏:アル さん)
(45Kbps)
この曲の今回の映像は「フィナーレ」の出だし部分です。そのフィナーレ部分がとても長く、 曲全体の半分以上の時間がフィナーレみたいです。その出だしの所を載せていただきました。 スケールがとても大きく、技術的に難しすぎて、あまり曲の構成や雰囲気を考えつつ弾くという事が まだ出来てないのですが、楽譜を紐解いて行くとなんとも奥が深く、音の数もやたら多いので色んな意味で いい勉強になったと思います。


ショスタコーヴィッチ/ピアノ協奏曲第1番より 第4楽章
(演奏:Shinjiさん&まっつん&HiRo)
1998年12月、KEIO Joint Piano Recital 1998 での演奏。ピアノ2台+トランペットという異色の構成で演奏しました。 ソロパートは当時のKPS学生責任者のShinjiさん、オーケストラパートは私、トランペットはまっつんさん。 合わせるのは大変でしたが、非常に楽しく演奏できました。


ハチャトゥリアン=シフラ/「剣の舞」、
リムスキーコルサコフ=シフラ/「熊ん蜂の飛行」

(演奏:大渕良弘 さん)
 芸のためには体を張ることをモットーとしている私にとって、これまでにも無茶な曲には何度か挑戦し、 気合いだけで誤魔化し続けてきたのですが、さすがに「剣の舞」では誤魔化すというレベルを超えて(結果として) 大編曲してしまいました(大汗)。 練習を始めた当初は「楽譜の音符は一音残らず拾いまくるぞ!」と意気込んだのですが、 1ヶ月前には「和音なんてどうでもいいからテンポだけでもキープを」と早くも妥協を決め、 1週間前頃から「とにかく気合いじゃ気合い!」と細部を全て諦めた挙句、 気合いが空回りして指もボロボロになり、本番では案の定無茶苦茶な演奏になりました。 ちなみに今は「こんな曲二度と弾くもんか!」。
 一方、「剣の舞」の前に弾いた「熊蜂」。魔が挿したのでしょうか、当日はあろうことか安全運転の誘惑に負け、 しかしそれでも指がついて行かず、駄演に終わりました。
 二曲揃えて・・・鳴かず飛ばず。無念。


J.シュトラウス=ゴドフスキー/「芸術家の生涯」による交響的変容
(演奏:長岡ゆり さん)
こんなクレイジーなスピードで弾くつもりはなかったのですが・・ いつも本番でキレてしまうのが悩みです。 この映像は、緊張の余り暗譜が一瞬飛んでしまった最初の方と、 力尽きて手が動かなくなった最後をカットした中盤部分です。 音楽とは思わずに、一種の一発芸として楽しんで頂けたら幸いです。


ローゼンブラット/2つのロシアのテーマによるコンチェルティーノ
(演奏:太田整さん&田中博幸)
この曲の見せ場はやはり「二人羽織+拳打ち」でしょう。 プリモを担当している演奏者が突如立ち上がり、セコンド奏者の後ろから覆い被さります。 プリモ奏者は右手で高音部を、左手オクターブのバスを刻む。 そうしている間にセコンド奏者は拳打ちでロシア民謡「カリンカ」のメロディーを奏でる (そんな優雅な表現は当てはまらないが)のです。 実際には4本の手が出て弾いているので、 厳密な「二人羽織」ではないのですが、こんな弾き方を要求する連弾曲がかつてあったでしょうか?
特集記事はこちら


[TOPページへ]


Any comments can be e-mail to the address below...
HiRo [ hiro105@cc.rim.or.jp ]

Copyright © HiRo, All rights reserved.