2012年1月のエントリー 一覧

バッハ片手用編曲の11曲目は、カンツォーナ BWV 588の前半部分を、左手だけで演奏できるように編曲しました。
原曲はバッハのオルガン曲で、四声のフーガになっています。四分の四拍子による前半と、二分の三拍子の後半からなりますが、今回はまずは前半部分に挑戦しました。
今までの編曲に比べて、四声の独立した声部を片手で弾けるように編曲するのは大変難しく、色々と試行錯誤を繰り返しました。
フーガの主題と対主題は原則オリジナルのままにし、自由唱の部分を変形さ・跳躍させて広い音域を弾きわけるようにしています。同じ音がオクターブで重なる部分などはむしろ省略した方がすっきり聞こえるので、七や九の和音を使うところや、低音を響かせたいところ以外はほとんど三声にしてます。

バッハ好きとしては、難しいながらもこのような曲を片手用に編曲してみたかったので、今回の挑戦はとても多くの達成感を得ることが出来ました。

J. S. Bach/ Canzona in d Minor BWV 588, arranged for piano, left hand only by Hiroyuki Tanaka

バッハの片手用編曲シリーズも、10曲目になりました。
今回は、「親愛なる兄の旅立ちに向けたカプリチォ」 BWV 992 より 第1曲アリオーソを、右手だけで演奏できるように編曲しました。原曲はバッハの若い頃の作品で、珍しい表題付き音楽です。
編曲にあたり、上2声は音域を変えずに、バスは場合によって1オクターブ高い位置で奏し、右手だけで弾きやすく変えています。上2声は平行6度・3度が長く続くため、一つの声部のように記譜しています。

J. S. Bach/ Arioso from Capriccio on the departure of his most beloved brother BWV 992, arranged for right hand only by Hiroyuki Tanaka


バッハの片手用編曲シリーズ第9弾は、ジロティ編曲の前奏曲 ロ短調(バッハの原曲はホ短調BWV855a)を左手だけのために編曲しました。メロディーを1オクターブ低くし、バス和音は適宜転回形を用いて、片手で弾きやすいように改変しています。

A. Siloti/ Prelude in B minor after J. S. Bach (BWV 855a), arranged for left hand only by Hiroyuki Tanaka


本年もどうぞよろしくお願い致します。
バッハの片手用編曲シリーズ第8弾は、シンフォニア第5番 変ホ長調 BWV 791を、左手だけのために編曲しました。上2声のメロディーを1オクターブ低くしている他に、バス声部では、原曲では16分音符の上昇音型を三連符にすることで、上2声の長前打音などの装飾を片手でうまく弾くための余裕を持たせています。なお29小節目からの再現部では、原曲と同じ音域に移して変化を与えています。

J. S. Bach/ Sinfonia No. 5 in E flat Major BWV 791, arranged for piano, left hand only by Hiroyuki Tanaka


このページの上部へ

サイト内検索

プロフィール

田中 博幸 (Hiroyuki Tanaka
hiro105@cc.rim.or.jp
音楽、バッハ、ピアノが好きなサラリーマン。バッハのピアノ編曲に関する楽譜/音源を収集、研究している。フーガやカノンなどの対位法的楽曲を好む。ピアノの他、和声と対位法を勉強中。片手のためのピアノ編曲を創作。「左手のアーカイブ」プロジェクトで編曲家として活動。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
IMSLPに公開した作品は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスに基づく。

最近のピクチャ

  • merzhanov_transcription.jpg
  • rockza_cover.jpg
  • fiorentino_transcriptions.jpg
  • imslp_tanaka.jpg
  • bach_book_cohen.jpg

出版に関わった楽譜

Sheet Music Plus